ミセルテク
ミセルテク > クルクミンの効用 > ウコンから記憶力活性物質 アルツハイマー病に期待

ウコンから記憶力活性物質 アルツハイマー病に期待

Pocket

武蔵野大は18日、米ソーク研究所との共同研究で、カレーのスパイスの一種ターメリック(ウコン)から作った化合物に記憶力を高める効果があることが動物実験で分かった、と発表した。アルツハイマー病など脳疾患の予防などに役立つ成果として注目される。
同大薬学部の阿部和穂教授らは、インドでアルツハイマー病の患者が少ないことに着目。その秘密は食生活にあるとして、同国の代表的料理カレーに含まれる様々なスパイスの効果を調べてみたが、ターメリックに、加齢などによる脳の神経細胞の損傷を防ぐ働きがあることを確認したにとどまった。そこで研究チームは、米ソーク研究所がターメリックの成分(クルクミン)から作った新化合物「CNB-001」の効果をラットを使って調べた。
その結果、ターメリック由来の化合物を飲むと飲まないラットに比べて、記憶力が高まっていることが観察できた。阿部教授は「新化合物は、脳の記憶にかかわる海馬部分を直接活性化している可能性が高い。今後は安全性を確認し新薬の開発を目指したい」と話をしている。

2008年8月19日 読売新聞 記載

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です