ミセルテク
ミセルテク > クルクミンの効用 > コレストロール値を下げる

コレストロール値を下げる

Pocket

コレステロールとは

コレステロールは体内でさまざまな役割を担っていて人間にとって必要不可欠で、その役割は大きく分けて3つあります。

1.細胞を包む細胞膜を作る役割

2.ホルモンの原材料になる

3.胆汁酸の材料になり消化・吸収を助ける役割

コレステロールは高すぎず低すぎずバランスを保つことが大切です。

 

悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)
●悪玉コレステロール(LDL)の役割
LDLコレステロールはコレステロールの運搬役で、血液から全身にめぐって運ばれます。
血液中のコレステロールが大量に増えると、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置されることから、動脈硬化を引き起こす原因となります。

●善玉コレステロール(HDL)の役割
HDLコレステロールはコレステロールの回収役で、血液中に残ったコレステロールを回収して、肝臓に運ぶ役割があります。
回収されたコレステロールはホルモン、胆汁酸の材料になったり、不要な分は排泄されます。

 

クルクミンがコレステロール値を下げる

肝臓の機能の一つ、胆汁という消化液を分泌していますが、それを作るときにコレステロールを消費します。胆汁に含まれている胆汁酸はコレステロールから産生されているので、クルクミンによって胆汁の分泌量が増えるとそれだけ多くのコレステロールが必要となり、結果的にコレステロール値が下がることになるのです。

また、クルクミンは血中の一酸化窒素を増やし、血行を良くする働きがあります。悪玉コレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化の元になる過酸化脂質を作りません。そのため、血栓ができにくくなり、体全体に血液が流れやすくなるので、糖尿病の合併症予防にも役立ちます。