ミセルテク
ミセルテク > クルクミンの効用 > 二日酔い対策にはウコンといわれるのはなぜ?

二日酔い対策にはウコンといわれるのはなぜ?

Pocket

『飲みすぎた後に、二日酔い防止にウコン!』という方が多いのではないでしょうか。日本では、忘年会の季節が近づくと、ウコンのCMもよく目にしますよね。私も、飲みすぎた時には、必ずウコンを飲んでいました。

鮮やかな黄色が特徴のウコンですが、この色素の成分がクルクミンで、ウコンに2~5%程度含まれている成分です。

クルクミンはポリフェノールの一種で、胆汁の分泌を促進させて、肝臓への負担を軽減します。

ウコンが二日酔いに効果的なのは、このクルクミンによる効果といわれており、ウコン以外の食物には存在しないといわれているので、クルクミン=ウコンとして知られるようになり、二日酔いにはウコンといわれるようになったのだと思います。

 

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です